FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予感

はじめて、抱き合った雪の夜。
肩には、翌日も、彼の力強い腕の感触が。
多分、わたしだけではなく、彼にとっても印象的というか、
少々刺激が強かったのかもしれない(笑)
わたしは結婚以来恋愛の機会はなかったし、
彼も、お子さんに恵まれて以来は遠ざかっていた様子。
次の日もお互い高揚したメッセが続き、
2週間後を目処に会おうとなった。
今度は、わたしがハンドルを握ってのドライブを希望。
理由は…二人きりになりたいのもあったけど、
もう、二人でいることが少し後ろめたくて、
日常から離れた場所で会いたかったから。

理由はわからなくても、わたしの変化を嬉しく感じ始めた、主人。
もともと、わたしに執着のある人。
最近、自分で鏡を見ても、少し髪が伸びて、憂いからの色気が増してきたように見える。
スキンシップや、欲求が激しくなり、もみくちゃにしてくれる。
これに関しては少し、苦痛ですが…心には違う人がいるわけで…
わたしも、彼のことで満たされているので、主人とはなごやかな会話も増え、
彼と会えるまでのさみしさを忘れる身代わりに、
今まではあまりなかった、買い物に連れだって出掛けたり、夫婦で食事に出掛けたり。
主人には申し訳ないけど、気が紛れる。

わたしは、今まで主人と反りが合わない辛さを乗り越え、主人の子を望まれるように育て、一定の成果も出ている。主人にされた冷たい仕打ちだって、忘れてはいない。
彼とのことは、わたしが結婚前にし忘れたことを今しているだけ。
自分の立場も、よく分かってる。
絶対に、知られないようにして見せる。

約束はその後、彼の家族の都合で延期になり、
わたしも、同じ日に主人も飲み会が入るなど紆余曲折。
こういうことはタイミング。目に見えない何かの後押しが必要だけど、
彼も、
会って話したいよね
喋ることが沢山あるよね
って、かなり前向きな様子。
実現すれば…二人の仲は進展しそうな…予感が。
そして、その日、その時はやって来た。
スポンサーサイト

テーマ : 不倫 婚外恋愛
ジャンル : 恋愛

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。