スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事件が教えてくれたこと

わたしたちの、不倫関係のために、
バンドが解散に追い込まれた
重いことだったけど、
わたしたちの関係に変わりはない

一度、
一緒になれる可能性はないの?
とは、言えなかったけど、
遠回しに聞いてみた
彼の答えは、

だって、全員敵に回すよ

だった。
奥さん、お子さんたちは無論、
親兄弟、
そして彼が日頃何より大切にしている、
友人たち
それこそ、子供時代から何百人って友人のつながりを、
彼は切らずに残しておく人なのだ。
それが可能な慕われる人柄。
多分、何千枚っていうCDや何万枚の写真と同じように。

わたしをとれば、
そのうちの大半を失うだろう。
彼のポジティブな人生の歴史のなかで、
それはあってはならないし、
それほどの存在で、わたしはない。
いや、それほどの存在になりうる人はどこにもいない。
根底では、リスクを絶対にとらないタイプなのだ。

わたしはというと…
いつか、主人と別れて、
今、わたしが彼に見せているような本当の自分になれる人と歩みたいと
少女のように思ってる
彼とは…だめだけど

彼は、奥さんに満足してる…行為以外
わたしは、ほとんど主人に満足していない
この差は、大きい

絶対に別れない、離さない
彼は、ベットで何回も言う

都合のいい男だね…
馬乗りで、言ってやったら
そうか…
って、何も言わなかった

彼と続けるための現状維持
人生を根本的に変えることには決してならない
人生を変えようと思うきっかけにはなったけど
いつか、別れを決断するときが来るだろう
ケンカするわけではなくてね
それは、多分、わたしから…。

ずるいよね、男は。
スポンサーサイト

テーマ : 不倫 婚外恋愛
ジャンル : 恋愛

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。