スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心機一転④

今まで、かもしれない、だった、
異動の言葉が、
確定として彼の口からでたのは、
お父様の死から一月…
久しぶりに、ホテルでふたり、ゆっくり過ごした夜の、
次の日のことだった。

異動の内々示が出た。
引っ越しの準備は必要ありますか?と部長に聞いたら、
ない。
と言われた。
内示まで100%ではないけれど…。

実は、すでに転勤の内々示は出ていたけど、
どこかわからないうちにわたしには言えなかった…ということらしい。
付き合い始めた頃から、
いつかは転勤で離ればなれ…って寂しがっていたからね。

わたしには、覚悟が出来てた。
離れる覚悟。
彼は、首都圏のポストに興味を示していたから、一家で行ってしまったら、彼とは清算して、
ぶっちゃけ、
主人ときちんと話をして、別れるのもいいなと思ってたのだった(^_^;)
だって、今のまま別れ話を進めたところで、
調べられたらすぐわかってしまう。
今は、それもあって、あまり大きな態度には出られない(笑)
わたしにとって、彼との付き合いと、主人と別れたいということは、
別物なのです。
彼とはこれ以上どうにもならない。
どちらかというと、どうにも合わない主人と別れて新しい人生踏み出してみたいのです^^

翌週、出た辞令は…
隣の区に異動。
栄転‼

ここまで覚悟できてると、なんだか少し肩透かしみたいな、
それは、首都圏に打って出たかった彼も同じみたいだった(笑)

今月から、彼は、数年ぶりにサラリーマンらしい姿に戻り、
慣れない職場で管理職となり毎日頑張っています(*^^*)
長い髪への未練はあるけれど、
何より、彼が昇進を果たしたことが、
まるで我がことのように、いや、
家族のこと以上に嬉しくて…(≧∇≦)

心機一転、わたしたちの関係はどこまでつづいていくのでしょうか?(^_-)
スポンサーサイト

テーマ : 不倫 婚外恋愛
ジャンル : 恋愛

心機一転③

お堅いサラリーマンなのに、長く伸ばした彼の髪…
それは、いい年してバンド活動始めて、
その上こんな立場で恋愛までして、
ある意味バカやってる?(笑)二人の象徴みたいなものだったんだと思う。
わたしにとってはね。

彼は、今の部署で40代の大半を過ごした。
本線ではないプロジェクトに連れてこられて、
以来、集められた仲間は次々と出ていった。
仕事はマイペースでよくなり、
バンド活動の時間も増えた。
多分髪を伸ばし始めたのは、仕事に対する不満とか不安からだったんだろうと思う。
髪が長いのと仕事が出来るのは別…と言うことを証明したかったのかも知れないけど、それではあまりにかっこよすぎて、
そのうち、髪を切るタイミングを失ったようだ(^_^;)

彼に興味をもったわたしを、思い切って受け入れる気になったのも、
仕事のことで心にポッカリ空いた心の穴にすっぽり埋まる存在だったのかもね。

ここのところの彼は、
同期や後輩たちが異動昇進していくのにイライラした様子を、
わたしにさえ隠してなかった。
普段仕切り役の彼を見ていたら、仕事ができない人なわけないのはよくわかるから、
昇進が足踏み状態なのは、髪のせいが大きいとわたしは踏んでた。
加えて、昨秋に、彼が長きにわたり関わってきたプロジェクトは最終段階を迎え、
部長の補佐役だった彼の役目も、年末にかけ一通り終わったようだった。
問題は、長い髪だけ…と、彼以上にわたしは考えてた。

そして…お父さんとの別れをいいタイミングに髪を切って…僅か一月後に、
やはりその時がやってきたのだ。

テーマ : 不倫 婚外恋愛
ジャンル : 恋愛

心機一転②

彼が、お父様と永遠の別れの時を迎えた…。
変な感覚ですが、近くにこっそりいるものとして、心の準備が出来ていた通りに事を終えた…はずだったのだけれど、
これはわたしにとっても辛い別れにつながった出来事があったのです。

お父様がおなくなりになった翌日、供花を手配しにお花屋さんで、
彼がLINEでくれた通りに用紙に記入していたら、
写メが入った。

ん??
んっ?????

それは、髪をばっさり切った彼自身の姿だったのです。

スーツ姿にはNGなくらい、後ろ髪を、襟が隠れるくらいまで伸ばしていた彼。
内部の部署で、支障がないから…と、
ロック魂?(笑)を見せていた。
もちろん社会人としてどうなのよ?ってのはあったけど、
わたしはこのちょこっと長髪を、
こよなく愛して、いつも撫でていたのです。

家族から、上司から、ちくっと言われても、絶対切らないと言っていたけど、
間違いなく、同じ会社だったお父様たっての希望だったんだろうな…

そして彼は、さっぱりしたそのスタイルで、施主としてお父様を送り出しました。

わたしは…淋しい気持ちをどうしても隠せなくて、
彼を気遣いながらも、その思いをぶつけてしまいました。
しばらく会えないさみしさもあったしね…

1週間後に出社した帰りに、時間を作って会ってくれたけど、
口に出てくるのは…長い髪のあなたが好きだった、そんな言葉ばかり。
いい年して、大人げない、自分…。

それよりなにより、わたしの中で、
彼が髪を切ることは、
今の部署からでて、遠くに転勤してしまうことに繋がっていた。
家族を連れてね。
別れの時がいよいよ近づいたような気がしたのです。

テーマ : 不倫 婚外恋愛
ジャンル : 恋愛

心機一転①

久しぶりに覗いてみたら、
読んで下さってる方がいるみたい!
ありがとうございます^^

年末年始にかけて、彼のプライベートには、
ホントにいろんな事があったのです。
昨年もおしせまり、彼のお父様が亡くなりました。
一昨年、付き合いはじめてまもなくから、闘病の様子を知らせてくれていたし、
あれから何度危険な状態を乗り越えたのだろうか…
無事年を越せるのかなと思っていたところのご不幸でした。

実はわたしは葬祭関係の仕事をしていて、
万が一、彼の当家が現場に当たらないようにならないか?と何度か言われていて、
なんであたしがそこまでしなきゃいけないの??と
ムッときたこともありました(-_-;)
そこは…やっぱり家族を守ることを一番に考える責任感からなんだろうね。

いざとなって…わたしがまずしたことは、
個人名が出ないよう弔慰を示すこと。
メンバーの総意のもと、バンド名でお花を手配することができてほっとした。
結局現場には当たらなかった。
当たったら、断る理由も考えてはいましたが…。
でも、葬儀当日は、かなり近くの現場で、
うまく時間もずれていたため、参列できないことはなく、一瞬迷い…結局は控えました。
ここ一番、彼を守ったつもり。

彼は、お父様が亡くなった連絡を、ほんの数十分後にLINEで知らせてくれたし、
実家から、斎場から、火葬場から…
できうる限り、こまめに連絡をくれました。
とっておきのお花屋さんから送った立派な供花の写真も写メしてくれた。

恋人同士である前に、
気を許せるかけがえのない存在なんだなぁ…と、
しみじみ思った出来事でした。

テーマ : 不倫 婚外恋愛
ジャンル : 恋愛

その後…

ずいぶん、書いていなかった…かもf(^^;
どうしてかな。
多分、彼との関係が、特別なものでなく、日常になってきたんだと思う。
それは、いい意味で(^^)
家族じゃないけど、家族みたいな、
親友とはsexしないけど(笑)親友みたいな。
正直、いっぱいケンカや言い合いになったここ3ヶ月だった(^_^;)
彼は、以前はわたしを受け止めるばかりだったけど、
最近は納得できない気持ちを言うようになったし、
わたしも、都度、我慢しないで疑問をぶつけるようになった。
そのなかで、二人のルールとかコードとかが決まってきてるのかな。
そして、ケンカしても、やっぱりお互い大切な存在だということを確認してる。

バンド活動は…あまりうまくいってない。
過渡期…なのかな。
それぞれの活動を応援したりも悪くない。
最初は彼とだけだったわたしの活動も広がってきた。

二人の時間は相変わらず捻出してる状態だけど、
10日に一度は触れ合えてる。
息の合ったいいsexしてる。
仲間の間では言外に公認になっているけど、
家族には気取られてない様子…
わたしも、ご主人様はうまく転がしてる。
やっぱり、あたしの体が好きなのよね…
そこは、割りきって適当に…(苦笑)

先月、バンド仲間の結婚式に揃って出席したっけ…
席は、隣(≧∇≦)まるで、夫婦じゃん(笑)
二人とも、盛装して、
面映ゆかったな(*^^*)

特別これってデートはしてないけど、
久しぶりに彼のハンドルでドライブした秋の夜の浜辺が、
いい記念になった(*´ω`*)
雪の夜、彼にはじめてしがみついた、
ファミレスにも久しぶりに行ったっけ
思い出の現場で、彼に抱きついたら、
誰もいない真夜中の駐車場で、
うれしそうに抱き上げてくれた

最近の心配は、やっぱり彼の異動だけど、
栄転になるもの…
彼にとって上向きなこと
離れても…ときめきを忘れずに、
会いに行ける気がする

あれから1年半が経ちました
大恋愛は終わっていません(*´-`)

テーマ : 不倫 婚外恋愛
ジャンル : 恋愛

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。